アニメ配信アプリ「アニメビーンズ」が海外版リリース 約240作品を一挙ラインナップ | アニメ!アニメ!

アニメ配信アプリ「アニメビーンズ」が海外版リリース 約240作品を一挙ラインナップ

プロダクションI.Gが提供するアニメ配信アプリ「アニメビーンズ」が、中国を除く全世界で12月18日より海外版の配信をスタートした。

ニュース アニメ
「アニメビーンズ」海外版
「アニメビーンズ」海外版 全 4 枚 拡大写真
プロダクションI.Gが提供するアニメ配信アプリ「アニメビーンズ」が、中国を除く全世界で12月18日より海外版の配信をスタートした。サービス開始時には、日本版で配信されているアニメ約240作品がラインナップされ、『珈琲いかがでしょう』『ギフト±』といった人気10作品には英語字幕も用意。配信作品および英語字幕作品は、これから順次追加される予定だ。

「アニメビーンズ」は、タテ型ショートアニメ「タテアニメ」の配信をはじめ、スマートフォン視聴に特化したアニメ配信アプリ。サービス開始から続々と新作タテアニメを発表しており、現在の配信タイトルは250作品、1,100話以上にのぼる。
また国内では、IGポートグループが制作した人気アニメやインディーズ作品も配信するなど、幅広いユーザーが楽しめるような多彩なコンテンツを提供している。

このたびの海外配信は、スマホ利用の世界的な浸透と、海外における日本アニメへの関心の高さから決定されたもの。日本のアニメ産業における海外売り上げは拡大傾向にあり、2016年には前年比131.6%となるなど存在感を高めている最中だ。
プロダクションI.Gはこれらの背景に注目。世界で評価される日本アニメをスマホ視聴に特化した手軽なスタイルで提供することで、アニメに触れる機会を増やし、新たなファンの獲得を目指すことになった。

また、タテ型やショートというコンテンツの特長に加えて、より手軽な視聴環境を提供するべく、海外版でも日本版と同様に“待つと全話無料”が採用された。これは1話・2話は常時無料で視聴可能で、以降の話は1週間ごとに順次無料で開放。毎週の更新を待てば、最終回まで無料で視聴できるサービスとなる。

プロダクションI.Gは「今後も多くの視聴者にお楽しみいただける作品をお届けするとともに、アニメ業界の活性化に努めてまいります」としている。

「アニメビーンズ」海外版
配信作品構成:スマホ向けアニメ 約40作品(600 話)
       インディーズアニメ 約200作品(240話)
       実写 約4作品(80話)
※スマホ向けアニメには、タテアニメのほか、一部ヨコアニメも含まれます。
※インディーズ作品には、プロダクション・アイジー主催のインディーズアニメアワードでの受賞作17作品も含まれます。

英語字幕対応作品:「からめるハニー」「モンキーピーク」「誘惑オフィス LOVER2」「珈琲いかがでしょう」「くるねこ」「むすんでひらいて」「カラダ探し」「残念女幹部ブラックジェネラルさん」「ギフト±」「部屋デート編」伊藤健人(実写シチュエーションムービー)


[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集