戦国系ラブコメ「ノブナガ先生の幼な妻」が2019年4月にTVアニメ化!キービジュアルが公開 | アニメ!アニメ!

戦国系ラブコメ「ノブナガ先生の幼な妻」が2019年4月にTVアニメ化!キービジュアルが公開

雑誌「月刊アクション」にて好評連載中の戦国系ラブコメ『ノブナガ先生の幼な妻』がTVアニメ化。放送は2019年4月よりスタートする。また、アニメ化告知にあわせてメインキャスト&スタッフ、キービジュアルも公開となった。

ニュース アニメ
TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』キービジュアル` (C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」製作委員会
TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』キービジュアル` (C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」製作委員会 全 10 枚 拡大写真
雑誌「月刊アクション」にて好評連載中の戦国系ラブコメ『ノブナガ先生の幼な妻』がTVアニメ化。放送は2019年4月よりスタートする。また、アニメ化告知にあわせてメインキャスト&スタッフ、キービジュアルも公開となった。

本作の主人公は“ある日突然、自分のことを大好きな女の子が現れる”というギャルゲー展開を夢見続けていた教師・信永。そんな彼の前に自分の妻を自称する14歳の少女・帰蝶が戦国時代からやってくる。ギャルゲ脳な教師と戦国脳な姫が巻き起こす、年の差ラブコメ作品となっている。

TVアニメ化発表にあわせてキャスト陣からのコメントも到着。織田信永役の酒井広大は、「主人公が日本史の過去に飛ぶ作品はありましたが、史実のヒロインが現代へ飛んでくるのは新しい!!と感じました!」と本作に初めて触れたときの衝撃を語り、自身が演じる信永のキャラクターについて「湧き上がる感情がとても理解でき、スッと感情移入できました!」とコメントした。

また、斎藤帰蝶役の上原あかりからは、「基本はコメディなのですが、帰蝶ちゃんが放つ言葉にドキッとする瞬間があります。可愛いだけじゃない戦国時代の14歳。テンポの良い作品だと思うのでその勢いを大切に、精一杯演じさせていただきます!」と見どころを混ぜたコメントが。

そして、生駒吉乃役の小澤亜李は、本作を「主人公とヒロイン達の時代を越えたジェネレーションギャップ(?)が激しくてコミカルで楽しい作品」と評し、「吉乃ちゃんも非常にゴーマイウェイなので元気にパワフルに信永さんを翻弄していきたいと思います!」と本作への意気込みを述べた。

さらに、原作者の紺野あずれからも「『紺野あずれが描く漫画にしては内容がまともでゆるい』と言われているこの漫画ですがその結果まさかTVアニメになるとは。僕も予想外でした。単行本のオビでもまさかのTVアニメ化って言っちゃってるし。担当さんよ…(これを書いたのは担当さん)ともあれ楽しんでいただければ幸いです!どうぞよろしくお願い致します!」とのコメントが寄せられた。

TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』は2019年4月より放送開始予定。

TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』作品情報

<スタッフ>
原作:紺野あずれ 『ノブナガ先生の幼な妻』
(双葉社「月刊アクション」連載)
監督:佐々木勅嘉
シリーズ構成:翌有蔵
キャラクターデザイン:西川鷹司
アニメーション制作:
アニメーションスタジオ・セブン

<キャスト>
織田信永:酒井広大
斎藤帰蝶:上原あかり
生駒吉乃:小澤亜李 ほか

(C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」製作委員会

《松本 翼》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集