【コスプレ】驚異的な身体能力を活かしたポージングで魅せる中国の超新星コスプレイヤーnatsumeインタビュー | アニメ!アニメ!

【コスプレ】驚異的な身体能力を活かしたポージングで魅せる中国の超新星コスプレイヤーnatsumeインタビュー

東京ビッグサイトで8 月10日から12日まで開催された世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット94(以下、C94)」が総来場者数53万人の大盛況ぶりで閉幕しました。

インタビュー 俳優・タレント
【コスプレ】驚異的な身体能力を活かしたポージングで魅せる中国の超新星コスプレイヤーnatsumeインタビュー
【コスプレ】驚異的な身体能力を活かしたポージングで魅せる中国の超新星コスプレイヤーnatsumeインタビュー 全 27 枚 拡大写真
東京ビッグサイトで8 月10日から12日まで開催された世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット94(以下、C94)」が総来場者数53万人の大盛況ぶりで閉幕しました。

平年以上の猛暑の中、コスプレエリアで夏の祭典を大いに盛り上げたコスプレイヤー。アニメ!アニメ!では3日間フォトリポートをお届けしてきましたが、会場で出会った中でとくに印象が強く残った素敵なコスプレイヤーをショートインタビューとあわせてご紹介します。俺たちの夏コミはまだ終わっちゃいない。
◆◆
C94では中国初のアプリゲーム『アズールレーン』や『ドールズフロントライン』の企業ブース出展の影響もあり、平年以上に多くの中国コスプレイヤーが参加した印象。日本でも知名度が高い人だけでなく、初めて来日する人もいましたが、中国の層の厚さを見せつけるが如く、会場で注目を集めたのが初来日のnatsumeさんでした。

沖田総司〔オルタ〕『Fate/Grand Order』/C94撮影:寒黙
沖田総司〔オルタ〕『Fate/Grand Order』/C94撮影:寒黙※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

決めポーズの一つである片足立ちが「すごいバランス感覚」とSNSでも話題を集めたnatsumeさん。いつ倒れてもおかしくないギリギリを攻めたポージングは、中国のコスプレ創作劇で鍛えたとのことです。

――まずは自己紹介をお願いします。

natsume
皆さん、はじめましてnatsumeです。私は中国に住むごく一般的なコスプレイヤーです。創作劇などのコスプレショー(注:コスプレショーは中国の多くのオタクイベントで開催されている無料の舞台劇)で色々なキャラクター演じることが好きです。

――普段は会社で働いているんですよね?

natsume
はい。出勤以外の時間は大好きなアニメを見てエネルギーを充電しています!マンガを読んだりゲームで遊んだりするのも大好きで、週末は色んな作品のコスプレをしています。

※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

――コスプレをする理由は?中国ではどんなイベントにコスプレ参加していますか?

natsume
コスプレが大好きなことが私のモチベーションです。だから色んな創作劇でキャラクターを演じたい。普段は中国の動漫展(注:中国各地で開催されるコスプレ有りの同人誌即売会)だけでなくコスプレパフォーマンスの大会にも参加しています。
今回は日本のコミックマーケットに参加できて、とても有意義な時間を過ごせて楽しかったです。初めての国外イベント参加でした。

――アニメがお好きだと聞きましたが、ゲームも好きですか?

natsume
はい。良く遊ぶのが『アズールレーン』や『FGO』です。『アズールレーン』は中国のゲームの中でもすごくクオリティーが高く、皆でストーリーやキャラクターについて話すのも大好きです。『FGO』はキャラクターのコスプレをするのが特に大好きで、何度もコスプレをしました。

あとは色んな音ゲーを遊びます。例えば『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』ですね。音ゲーは私にとって日本のアイドルのようで、一番コスプレしたいのは来栖翔です。演じている声優の下野紘さんの大ファンです。

すーぱーそに子
すーぱーそに子※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

――中国と日本のアニメの違いはどこですか?

natsume
中国のアニメは低年齢向けが多いです。ただ最近は大人向けの良い作品が増えてきました。この調子で頑張って頂きたいです。私は小さい頃から日本のアニメを見てきましたが、多ジャンルでキャラクターが細かい所まで綺麗に描かれていて、本当に素晴らしいと感じています。

――コスプレするにあたって選ぶ基準や大事にしていることを教えてください。

natsume
私は自分が好きなキャラクターのコスプレをしています。自分が好きなコスプレをしてこそ楽しいですから。ただ、とりわけ男性キャタクターのコスプレが好きですね(笑)。コスプレのし過ぎで疲れることも多くあります(笑)。だけど楽しいからやめられない。
コスプレででは、どれだけキャラクターに近づけられるかが重要だと思います。キャラクターの表情や動作、あとは衣装や造形なども追求しています。

※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

――C94では片足立ちポーズが大きく注目されました。秘訣は?

natsume
私というよりは撮影をしてくれたカメラマンのおかげです。カメラマンが構図を決めてくれて、「3、2、1」とタイミングで一瞬のポーズ見逃さないでくれるから完成します。私の場合は、ひたすら動作を反復して一枚を追求しますので、付き合ってくれるカメラマンさんは本当に大変だと思うので感謝しています。
普段から鏡の前で何度も動作を反復して、ポーズをいかに早く復元できたり、生み出せたりするかをやっています。

――初の来日でコミックマーケットに参加した感想を教えてください。

natsume
日本の町並みを眺めているとまるで夢のように思えます。どこかしらアニメ作品に関わる何かがあって、それを見ることができるのでとても感動しています。

コミックマーケットに参加するのがずっと夢でした。感覚的に楽園にいるかのようです(笑)。『アズールレーン』のブース出展でコスプレイヤーとして呼んでもらえたからこそ得られた機会なので感謝しています。C94の二日目では、『アズールレーン』のグラーフ・ツェッペリンのコスプレをしました。

グラーフ・ツェッペリン『アズールレーン』
グラーフ・ツェッペリン『アズールレーン』※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

――将来の夢を教えてください。

natsume
コスプレイヤーとしては、日本でコスプレ活動ができるようになりたいです。今回C94に来られたことで、一つの満足感を得ることができました。今後はもっと日本でコスプレをする機会を多く得られるなら、こんなに嬉しいことはありません。また日本に来られたら嬉しいです!
◆◆
※画像クリックまたはタップで他の写真を見る

驚異的なポージングの持ち主で、全国から多くのコスプレイヤーが参加したC94で強烈な印象を残したnatsumeさん。まだまだ日本で披露されていないポーズがたくさんあるので見たいと思いました。

画像提供:natsume(@natsume0v0)
取材協力:取材協力:寒黙(@nigellizhe)

《日本コスプレ通信》

【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集