“アニソン界の帝王”水木一郎、「原点」全30曲を熱唱!デビュー50周年記念ライブ | アニメ!アニメ!

“アニソン界の帝王”水木一郎、「原点」全30曲を熱唱!デビュー50周年記念ライブ

8月10日、“アニキ”の愛称で親しまれるアニソン歌手の水木一郎が、東京・江東区のZepp Tokyoにて「水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演~原点オンパレードだゼーット!~」と銘打った50周年記念ライブを開催した。

イベント・レポート ライブ
「水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演~原点オンパレードだゼーット!~」スチール
「水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演~原点オンパレードだゼーット!~」スチール 全 3 枚 拡大写真
8月10日、“アニキ”の愛称で親しまれるアニソン歌手の水木一郎が、東京・江東区のZepp Tokyoにて「水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演~原点オンパレードだゼーット!~」と銘打った50周年記念ライブを開催した。

水木は1968年7月にカンツォーネ歌謡「君にささげる僕の歌」でレコードデビューして以来、半世紀もの長きにわたってアニメ・特撮の主題歌を中心に歌唱する“アニメソング界の帝王”として活躍中だ。
今回のライブは、デビューのきっかけとなったオーディショングランプリ受賞曲をはじめ、メジャーデビュー前に吹き込んだ初レコーディング曲、本邦初公開の幻のデビュー曲、初アニメソング、初特撮ソング、初ゲームソングなど、水木の「原点」が堪能できる構成で行われた。

堀江美都子や影山ヒロノブ、ボイジャー(TAKERU、瀬下千晶)ら後輩歌手をゲストに迎えた会場には、約1,000人の熱狂的なファンが来場。
水木は「水木一郎50周年、本当にうれしいです。偶然に、探して探して探してやっと見つかった幻のデビュー曲とか、お蔵入りしていたいろんな歌が発見されましたので、そういうような歌を交ぜていこうかなと思っています。今日は、僕の原点をたっぷりお楽しみください」と挨拶した。

ライブでは「君にささげる僕の歌」をはじめ、アニソンデビュー曲「原始少年リュウが行く」、初特撮ソング「嵐よ叫べ」、初ロボットソング「アストロガンガー」、オーディショングランプリ受賞曲「僕のマシュマロちゃん」、初レコーディング曲「シェナンドー」、幻のデビュー曲「くちづけ」などを披露。
マジンガーZメドレーから「マジンガーZ」「ぼくらのマジンガーZ」、仮面ライダーメドレーから「セタップ!仮面ライダーX」「燃えろ!仮面ライダー」、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』から「マジンガーZ / INFINITYバージョン」も歌唱され、全30曲のパフォーマンスとなった。

またサプライズ企画として、堀江が発起人となったアーティスト仲間からの50周年祝福ソング「ハピネス」が歌唱される場面も。堀江と遠藤正明が作詞、影山ヒロノブが作曲を手掛けた完全オリジナルソングを、企画に賛同した串田アキラ、森口博子、米倉千尋ら全41人がプレゼントし、水木を大感激させていた。

なお10月24日には、幻のデビュー曲「くちづけ」を含む未発表曲や、初CD化音源など水木の50周年を彩るさまざまな「原点」を集めた50周年記念アルバムが発売される予定だ。

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集