「ワンピース音宴」ルフィ役・松浦司ら初パフォーマンス! 尾田栄一郎「間違いなく面白い」と太鼓判 | アニメ!アニメ!

「ワンピース音宴」ルフィ役・松浦司ら初パフォーマンス! 尾田栄一郎「間違いなく面白い」と太鼓判

『ONE PIECE』の世界を音楽とパフォーマンスで体現するステージ「ワンピース音宴~イーストブルー編」の製作発表記者会見が6月27日に行われた。

イベント・レポート 舞台
「ワンピース音宴~イーストブルー編」製作発表記者会見
「ワンピース音宴~イーストブルー編」製作発表記者会見 全 4 枚 拡大写真
『ONE PIECE』の世界を音楽とパフォーマンスで体現するステージ「ワンピース音宴~イーストブルー編」の製作発表記者会見が6月27日に行われた。会場には本公演で演出・構成・振付を担当する金谷かほりと、音楽監督を務める田中公平らが登壇。さらに、ルフィ役の松浦司、ゾロ役の福地教光を始めとしたメインキャスト5人による、華麗なアクロバットやアクションが披露された。

「ワンピース音宴~イーストブルー編」は、『ONE PIECE』を題材にした、コンサートでも芝居でもフィルムイベントでもない“未踏のブラス・エンターテインメント” 。麦わらの一味によるパフォーマンスと、日米混合26名の海軍ミュージシャンのブラス・パーカッション演奏によって、「イーストブルー編」の名曲・名シーンがステージで体感できる。

今回の”ブラス・エンターテインメント”というジャンルは『ONE PIECE』にとって初の試みだが、金谷は「これからどうなっていくのか私自身ワクワクしているのだけど、 音楽がライブなので、 『ONE PIECE』の世界を五感を使って楽しむ”体感型ステージ”になります。 会場全体を使い、 お客様と近いステージを創りたいと思っています。今週から稽古開始、 7月には山形県にてリハーサルを行い、 8月12日の初日に向けて暑い夏を皆と過ごす覚悟です」と意気込みを語った。

TVアニメ『ONE PIECE』の初代オープニング曲「ウィーアー!」を作曲した田中は、W杯で日本vsセネガル戦の後、サポーター同士が同曲を合唱していたニュースから『ONE PIECE』の人気を再確認し、本ステージが「誰でも『ONE PIECE』を楽しむことができる絶好のチャンス!」と語った。そして「『ワンピース音宴』での音楽の構成は、前半はイーストブルー編の名シーンを奏で、後半は、『Share The World(東方神起)』や『fanfare(Mr. Children)』や『ウィーゴー』、『New World』なども演奏するお腹いっぱいの内容です!!」ともアピールしている。

「ワンピース音宴~イーストブルー編」製作発表記者会見
会場ではルフィ、ゾロを始め、ウソップ役・森良平、サンジ役・高澤礁太、ナミ役・大北岬による、生パフォーマンスがお披露目。さらに、世界で活躍するパーカッショニスト石川直が率いるミュージシャンたちによって、安室奈美恵の「Fight Together」と「ウィーアー!」をブラスとパーカッションで披露。

これに、本公演の応援サポーターである山里亮太が大きな拍手を贈り「山形のリハーサルにも行けたら行きたい、8月の『ワンピース音宴~イーストブルー編~』の世界初演をみんなで応援しましょう!一緒に観に行きましょう!」と締めくくった。

「ワンピース音宴~イーストブルー編」尾田栄一郎直筆コメント

また、会場では『ONE PIECE』の原作者、尾田栄一郎より直筆コメントが公開。全くの新しい試みである本ステージに「これが間違いなく面白いという事はわかります。田中公平、金谷かほり、この2人の名前が連なっているからです。公平さんはTVアニメで20年。金谷さんはONE PIECEのショーで10年以上、お世話になりまくっているお2人なのです…!! 見た事のない新しいステージですが、ただただ楽しみでしかありません。どうぞご一緒にこの新感覚の”宴”をどっぷりと体感しましょう」とコメントを寄せている。


「ワンピース音宴(おとうたげ)イーストブルー編」
2018年8月12日(日)~9月2日(日) 全28公演
東京国際フォーラム・ホールC(東京・有楽町)
■ 原作:尾田 栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)
■ 演出・構成・振付 :金谷かほり
■ 音楽監督 :田中公平
◆料金:S席9,800円、A席8,300円、B席6,800円  *3歳以下のご入場はお断り致します。
◆公式ホームページ: https://otoutage.com
【お問合せ】キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
■ 主催:キョードー東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版
■ 協賛:伊藤園
■ 後援:BSフジ・WOWOW
■ 監修:集英社/東映アニメーション
■ 企画制作:キョードー東京

《MoA》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/