約15万円の最高級ハロ、VAIOがボディ開発を担当した理由とは?【東京おもちゃショー2018】 | アニメ!アニメ!

約15万円の最高級ハロ、VAIOがボディ開発を担当した理由とは?【東京おもちゃショー2018】

6月7日(木)から10日(日)にかけて、玩具の見本市『東京おもちゃショー2018』が東京ビッグサイトにて開催。今回はバンダイブースに展示された高額商品『ガンシェルジュ ハロ』について紹介する。

イベント・レポート アニメ
約15万円の最高級ハロ、VAIOがボディ開発を担当した理由とは?【東京おもちゃショー2018】
約15万円の最高級ハロ、VAIOがボディ開発を担当した理由とは?【東京おもちゃショー2018】 全 2 枚 拡大写真
6月7日(木)から10日(日)にかけて、玩具の見本市『東京おもちゃショー2018』が東京ビッグサイトにて開催。今回はバンダイブースに展示された高額商品『ガンシェルジュ ハロ』について紹介する。

バンダイブース中頃、ひと際高級感のあるコーナーに展示されていたのが『ガンシェルジュ ハロ』だ。
『機動戦士ガンダム』に登場したマスコットキャラクターを再現したコミュニケーションロボットで、話しかけることでガンダムの作品内容に関わる様々な会話やクイズが行える他、会話に合わせて目が光る、体を揺らす、話者の方に顔を向けるなどのアクションを行う。

バンダイブースにはそのデモ機が展示され、PVが上映されていた。
価格は14万9040円(税込)、別途サーバー利用料がかかるという。2018年7月にオンラインストア「プレミアムバンダイ」にて発売予定。


会話用AIはIBM製、ボディ開発と生産はVAIOが行ったという。バンダイは既にハロ関連玩具をいくつも発売しているが、何故本商品のボディ開発と生産をVAIOに委託したのだろう。
担当者によると「バンダイにはこれまで玩具としての構造をもったハロは開発してきましたが、コミュニケーションロボットとしての耐久性を備えたハロの開発実績はなかったため、その部分の開発をVAIOにお願いしました」とのこと。
VAIO製のロボットといえば、1999に登場し爆発的な人気を誇り一大ブームとなったAIBOが思い当たる。コミュニケーションロボットの先駆けとも言えるAIBOを手がけた同社だけに、今回のハロにも大きな期待が寄せられそうだ。

東京おもちゃショー2018
会期 :2017年6月7日(木)~10日(日)
商談見本市(バイヤーズデー)
7日(木) 10:00~17:30
8日(金) 10:00~17:00

一般公開(パブリックデー)
9日(土) 9:00~17:00
10日(日) 9:00~16:00

《いしじまえいわ》

【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集