「フルメタル・パニック!IV」新作カット収録の音楽映像に声優陣も興奮!【AJ2018】 | アニメ!アニメ!

「フルメタル・パニック!IV」新作カット収録の音楽映像に声優陣も興奮!【AJ2018】

東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2018にて、3月24日に『フルメタル・パニック!Invisible Victory』のスペシャルステージを実施。4月13日から始まる放送に先駆け、様々な情報が飛び出すひとときとなった。

ニュース アニメ
「フルメタル・パニック!IV」新作カット収録の音楽映像に声優陣も興奮!【AJ2018】
「フルメタル・パニック!IV」新作カット収録の音楽映像に声優陣も興奮!【AJ2018】 全 1 枚 拡大写真
東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2018にて、3月24日に『フルメタル・パニック!Invisible Victory』のスペシャルステージを実施。4月13日から始まる放送に先駆け、様々な情報が飛び出すひとときとなった。

本イベントの司会進行を担当したのは、常盤恭子役の木村郁絵と、プロデューサーを務める伊藤敦。また、短編シリーズで活躍する「ボン太くん」の着ぐるみがアテンド役となり、原作者・シリーズ構成・脚本の賀東招二、相良宗介役の関智一、千鳥かなめ役のゆきのさつき、テレサ・テスタロッサ役のゆかな、レナード・テスタロッサ役の浪川大輔、OP・EDを担当する山田タマルらが登壇した。

登壇陣が挨拶を済ませ着席すると、役割を終えたボン太くんは残念ながら退場。シリーズ累計1,000万部を超える原作の紹介や、これまで行われてきたアニメ化などに言及する。また、登壇陣が過去作の思い出などを振り返った場面では、シリーズが歩んだ歴史の長さを改めて感じる一幕に。

続いては、『フルメタル・パニック!IV』のキャラ設定イラストを巨大スクリーンにて披露。いずれのキャラも本作用にリファインされた描きおろしで、全体的にシャープな印象を与えるのものに。本作で待ち受ける物語の厳しさを連想させる。

更に、新たなカットシーンも含めたミュージック・クリップも公開。伸びやかな歌声を紡ぐ山田タマルを中心に捉えた映像の中に、アーム・スレイブやキャラクターの印象的な姿を映したカットが折り重なり、『フルメタル・パニック!IV』への期待を更に高める。視聴した来場者だけでなく、壇上の声優陣もこの映像には驚きと興奮を隠せず、スクリーンに目を奪われた静かな興奮が広がった。

そして、本作に登場するアーム・スレイブのイラストも巨大スクリーンに登場し、SFミリタリーとしての魅力も垣間見せる。作中でどのような活躍を見せるのかと、想像力が刺激されるばかりだ。

加えて、放送情報や音楽展開、単独では初となるゲーム化に当たる『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』、プラモデル化の情報なども続々と紹介。プラモデルの発売日は、TV放送開始日でもある4月13日なので、購入予定の方は忘れずに押さえておこう。初公開となるプラモデルのパッケージイラストも飛び出し、ファンの心を大いにくすぐりつつ、盛況と共にイベントが終幕を迎えた。

なお、放送日が待ちきれない方に向け、先行上映会も予定されている。詳細については公式サイトなどですでに公開済だ。ファンはこちらでチェックしたい。

『フルメタル・パニック!Invisible Victory』
(C)賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

《臥待 弦》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集