「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場” | アニメ!アニメ!

「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”

1996年に放送された『機動新世紀ガンダムX』よりガロード役・高木渉インタビュー。当時の収録エピソードや作品を改めて見返しての感想、放送から21年にわたって作品を支えてくれたファンへの想いなど、『ガンダムX』にまつわる様々な事柄をお聞きした。

インタビュー 声優
「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”
「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場” 全 18 枚 拡大写真
1979年の『機動戦士ガンダム』から30年以上にわたって、拡張を続けるガンダムシリーズ。その中でも1996年に放送された『機動新世紀ガンダムX』は、ファーストガンダムで提唱された“ニュータイプ”という概念に、バイタリティ溢れるガロードの成長を通じて、真っ向に向き合った作品だ。
そんな本作のBlu-rayメモリアルボックスが、2018年3月23日(金)に発売される。これに先駆け、アニメ!アニメ!では主人公ガロード・ランを演じた高木渉さんへインタビューを敢行。当時の収録エピソードや作品を改めて見返しての感想、放送から21年にわたって作品を支えてくれたファンへの想いなど、『ガンダムX』にまつわる様々な事柄をお聞きした。

『機動新世紀ガンダムX』
www.gundam-x.net
■ガロードやティファ…キャラクターそれぞれにとっての成長物語

――2018年3月23日に本作のBlu-ray BOXが発売されますが、本日はその特典であるオーディオコメンタリーの収録があったそうですね。あらためて作品をご覧になられていかがでしたか?

高木渉(以下、高木)
当時の思い出が蘇ってきました。こんなの作ってたなぁという想いと、自分の初々しさをちょっと感じたりして。21年前というと、赤ん坊が成人するぐらい経っているわけですからね。

あらためてストーリーを見返すと、キャラクターたちの成長物語だったと思います。がむしゃらなガロードがティファと出会ってひと目惚れして、この子を守ってあげたいというところから始まる。そこからニュータイプを取り巻く争いや、ティファとの交流を通じて、初めてガロード自身に信念や動機が生まれて、そこから物語も大きく動いていく。そうしたキャラクターと連動した、物語のうねりも味わい深いです。

またジャミルやロアビィ、ウィッツ、トニヤ、サラなどフリーデンのクルーそれぞれのストーリーも掘り下げられていて、そこも物語に彩りを与えています。フロスト兄弟や、命令できない王子のウィリスも印象深いキャラクターでした。


――高木さんがガロードとして一番印象に残っているキャラは誰でしょう?

高木
やっぱり一番はティファでしょう(笑)。あとは…うん~、難しいなぁ、それぞれに皆さん印象的ですからねぇ。カトック・アルザミールも好きだったなぁ…。
4話ひと括りで物語が進んでいくんですが、そのゲストキャラクターによってスタジオの雰囲気がガラッと変わるのが印象的でしたね。見返すと今はもう亡くなられた声優さんもいて、あのお芝居がもう見られないのかと思うと本当に残念です。


――ゲストキャラクターと言えば、エニルやカリスはレギュラーキャラクターに引けを取らないほど活躍をします。

高木
エニルは怖いお姉さん、やべぇ殺されるかも、みたいな感じ(笑)。カリスについては、自身が人工ニュータイプであることから、僕とは真逆の側面からの悩みを持っていることで友情が芽生えたキャラクターだったと思います。

――そんな中でも、ティファはガロードの行動原理と言えるところがあります。

高木
ガロードはニュータイプではないけれども、何かティファと通じるものがあるんです。オルバとシャギアみたいなテレパシーはなくても、心は通じ合っている。物語の終盤、ふたりはちゃっかりキスしてましたが(笑)、かけがえのないパートナーとなってフリーデンのクルーと共に未来に向かって歩んでいったのかなと思います。


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《井の上心臓》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集