「金田一37歳の事件簿」Twitterで早くも実写化希望の声! 「堂本剛が現在38歳で丁度いい」 | アニメ!アニメ!

「金田一37歳の事件簿」Twitterで早くも実写化希望の声! 「堂本剛が現在38歳で丁度いい」

『金田一少年の事件簿』の主人公・金田一一(はじめ)が37歳になった姿を描く『金田一37歳の事件簿』が、講談社「イブニング」にて連載開始。“大人”になった金田一一の活躍に期待が寄せられる一方、Twitterでは早速「堂本剛で実写化してほしい」の声も上がっています。

ニュース 話題
金田一少年が、大人になって復活(c)天樹征丸・さとうふみや/講談社
金田一少年が、大人になって復活(c)天樹征丸・さとうふみや/講談社 全 2 枚 拡大写真
1月23日、『金田一少年の事件簿』の主人公・金田一一(はじめ)が37歳になった姿を描く『金田一37歳の事件簿』が、講談社「イブニング」にて連載開始しました。

【関連ニュース】金田一“元少年”、中年になって復活! スピンオフではない「金田一37歳の事件簿」連載開始

本作は、原作・天樹征丸&漫画・さとうふみやという本家本元のゴールデンコンビが描く、スピンオフではない新シリーズ。“大人”になった金田一一の活躍に期待が寄せられる一方、Twitterでは早速「堂本剛で実写化してほしい」の声も上がっています。

『金田一少年の事件簿』は元々、講談社「週刊少年マガジン」にて連載(1992年~2001年)されていた推理マンガです。

気の抜けたひょうきん者ながら、実はかの名探偵・金田一耕助を祖父に持つという高校2年生の金田一が、持ち前の明晰な頭脳と鋭い推理力を武器に、“じっちゃんの名にかけて”数々の難事件へと挑む姿を描き人気沸騰。

連載終了後も、不定期の掲載や「20周年記念シリーズ」と題した通年連載が行われ、2013年11月から2017年10月までは『金田一少年の事件簿R』と改題したシリーズも発表されていました。

同作はこれまでに幾度となくTVドラマ化もされており、堂本剛さん(1995年~1997年)、松本潤さん(2001年)、亀梨和也さん(2005年)、山田涼介さん(2013年~2014年)とジャニーズ事務所に所属する4名が実写版の金田一役に。
特に堂本さんによる“初代金田一”は高視聴率を記録し、連続ドラマ2シリーズと単発ドラマ、スペシャルドラマ、劇場版が制作される大ヒットを記録。

今回スタートしたばかりの『金田一37歳の事件簿』ですが、Twitterでは早くも堂本さんによる実写ドラマ化を希望するファンが続々。

「金田一少年の事件簿から20年後の物語『金田一37歳の事件簿』が始まった。堂本剛が現在38歳で丁度いいので再びドラマ化してほしい」という声や「死んだ目をしたサラリーマンが久しぶりに事件に巻き込まれ、謎に立ち向かううちに鋭い眼光を取り戻していく堂本剛の演技がたっぷり見られるやつでしょ?」という期待が上がっています。

さらに、「松潤は0.1%に隠された事実を解き明かしているし、亀梨くんは復讐しているし、山田くんは揉み消そうとしているので、現38歳でもう事件に巻き込まれたくなさそうな堂本剛さん一択だった」と、他の“歴代・金田一一”を並べて考えるファンも。

ファン熱望の再演ドラマ化はあるのか……今後の展開にも注目したいですね。

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集