サンリオの異色「アグレッシブ烈子」Netflixでショートアニメ化 “OLのストレス”全世界へ | アニメ!アニメ!

サンリオの異色「アグレッシブ烈子」Netflixでショートアニメ化 “OLのストレス”全世界へ

ニュース アニメ

「アグレッシブ烈子」(C)‘15,’17 , SANRIO サンリオ/TBS・ファンワークス
「アグレッシブ烈子」(C)‘15,’17 , SANRIO サンリオ/TBS・ファンワークス 全 6 枚 拡大写真
サンリオキャラクター「アグレッシブ烈子」が、新たにNetflixオリジナル作品としてショートアニメ化決定。日本のOL生活をコメディタッチに描いた人気キャラを、2018年春より全世界に向けて配信スタートする。

「アグレッシブ烈子」は2015年にサンリオが開催した一般人気投票企画「サンリオキャラリーマン総選挙」から生まれたキャラクター。一流商社でOLとして働くレッサーパンダの烈子が、ムカつく上司からの仕事や同僚の愚行に不満がたまりつつも、言い返せずに我慢する日々を送っているユニークな設定で注目を集めた。

2016年12月にはサンリオの米国法人が紹介アニメの英語字幕版をYoutubeにて公開。欧米やアジアでも話題を集め、海外メディアでも大きく取り上げられた。烈子に自分を重ねあわせる人、職場でのストレスに共感を覚える人、ハローキティに代表されるサンリオキャラクターのイメージとの違いに驚いた人など、ネットでも話題騒然。海外ファンも烈子の健気な姿に共感を覚えたようだ。

2016年4月からはTBSの情報番組「王様のブランチ」でショートアニメがオンエア中だが、新たに15分・10エピソードからなるショートアニメシリーズのNetflix配信が決定。2018年春より全世界で「アグレッシブ烈子」のが楽しめる。

スタッフはTVアニメ版を手がけたメンバーが集結した。監督・脚本はラレコ。アニメーション制作はファンワークス。『英国一家、日本を食べる』をはじめ、コミカルなショートアニメに定評のあるクリエイターとスタジオが起用されている。
カラオケでデスメタルを歌ってストレスを発散する烈子や、バリバリのキャリアウーマン・ゴリ部長、敏腕美人秘書の鷲美など個性的なキャラクター達が繰り広げるハイテンションギャグアニメを期待して待ちたい。

『アグレッシブ烈子』
2018年春よりNetflixにて全世界配信

(C)‘15,’17 , SANRIO サンリオ/TBS・ファンワークス

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集