「DEVILMAN crybaby」2018年1月配信へ “過激さ”伝わる新PVに期待感高まる | アニメ!アニメ!

「DEVILMAN crybaby」2018年1月配信へ “過激さ”伝わる新PVに期待感高まる

ニュース アニメ

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project 全 6 枚 拡大写真
永井豪原作のマンガ『デビルマン』を湯浅政明監督が映像化した『DEVILMAN crybaby』の最新情報が明らかになった。メインビジュアル第3弾とPV第3弾が公開され、主題歌は電気グルーヴの新曲「MAN HUMAN」に決定。配信日は2018年1月5日に決まり、Netflixで全10話を一気に楽しめる。

メインビジュアル第3弾はキャラクターデザインの倉島亜由美と、デビルデザインを手がけた押山清高が共同制作を務めた。人類を守るためにデビルマンとなった不動明と、彼と共に運命を共にする飛鳥了。二人の主人公が不敵な笑顔を浮かべている1枚だ。中央に位置するデビルマンの顔は悲しみに歪んでおり、シレーヌや、カイム、ジンメンなどのデビルたちも登場。原作に通じる世紀末観を表現している。
PV第3弾は不動明と飛鳥了の物語にスポットを当てており、『デビルマン』に初めて触れる人も分かりやすい構成となった。原作をリメイクするにあたって生まれたオリジナルキャラクターも登場。「愛に泣き、愛を知れ」というキャッチコピーから、スタッフの熱い思いが伝わってくる仕上がりである。


主題歌情報も公開された。主題歌は電気グルーヴの新曲「MAN HUMAN」に決定した。アニメ『墓場鬼太郎』のオープニングテーマ「モノノケダンス」などを手がけた人気テクノユニットが、『デビルマン』の世界観を表現する。
第9話の特別エンディングには電気グルーヴの石野卓球と、シンガーソングライターの七尾旅人によるユニット・卓球と旅人による「今夜だけ」に決定。この楽曲は石野卓球がDJイベントの最後にかけることの多い特別な曲で、初の音源化、CDリリースも決まっている。
追加キャストには不良グループメンバー役に、音楽シーンの第一線で活躍しているアーティスト陣が起用された。ラッパーのKEN THE 390は声優に初挑戦し、本作に登場するラップの監修も務める。アーティスト陣が加わることで、どのような化学反応が起きるのかにも注目したい。

『DEVILMAN crybaby』
2018年1月5日(金)Netflixにて全世界独占配信スタート

[スタッフ]
STAFF ※赤字部分が今回の解禁情報となります。
原作:永井豪「デビルマン」
監督:湯浅政明
脚本:大河内一楼
音楽:牛尾憲輔
キャラクターデザイン:倉島亜由美
デビルデザイン:押山清高
ラップ監修:KEN THE 390
色彩設計:橋本賢
美術監督:河野 羚
撮影監督:久野利和
編集:齋藤朱里
音響監督:木村絵理子
プロデューサー:新宅洋平・永井一巨
アニメーションプロデューサー:チェ・ウニョン
アニメーション制作:サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc.Dynamic Planning Inc.

[キャスト]
不動明:内山昂輝
飛鳥了:村瀬歩
牧村美樹:潘めぐみ
ミーコ:小清水亜美
シレーヌ:田中敦子
カイム:小山力也
長崎:津田健次郎
ワム:KEN THE 390
ガビ:木村昴
ククン:YOUNG DAIS
バボ:般若
ヒエ:AFRA

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集