「マギ×earth music&ecology」 普段使いできるアニメコーデで、アラジン達といつまでも | アニメ!アニメ!

「マギ×earth music&ecology」 普段使いできるアニメコーデで、アラジン達といつまでも

ニュース キャラクター

(C)大高忍/小学館
(C)大高忍/小学館 全 63 枚 拡大写真
先日最終回を迎えた人気コミック『マギ』とファッションブランド「earth music&ecology」のコラボが決定。アニメやマンガとのコラボを展開するレーベル「Japan Label」より、世界観やキャラクターをモチーフとしたオーバーやスカートなどの受注生産アイテムがリリースされる。

「マギ×earth music&ecology」商品画像【フォトギャラリー】

『マギ』は大高忍が手がけるファンタジー作品。「週刊少年サンデー」にて2009年に連載がスタートし、2012年10月からはTVアニメ第1期、2013年10月からは第2期がオンエアされた。2017年10月11日発売のサンデー46号で最終回を迎えて、約8年間に及ぶストーリーに幕を閉じた。

今回のコラボでは、ニットアイテムをメインにしたラインナップを揃えている。「マギのビジュー付きニットプルオーバー」は人気キャラクターのアラジンとジュダルをイメージ。左袖には全ての生命の魂をつなぐルフの刺繍を入れており、素材にはフワフワした微起毛の糸を用いた。

「ルフモチーフスカート」は裾からたくさんのルフを飛ばせたデザインスカート。ふんわりと広がるシフォン素材と、立体感が印象的なフロッキープリントを採用。使いやすいヒザ下丈も嬉しいポイントだ。
「ルフモチーフイヤリング」はトップにアクアマリンとレッドのカラーストーンを配置。ルフのパーツはマット加工が施されたアクリル素材で、軽くて落ちにくい仕様となっている。コーディネートのアクセントになる一品に仕上がった。

「アリババイメージニットワンピース」はアラジンが選定した王の器であるアリババ・サルージャがモチーフ。袖には武器化魔装を思わせるリブ編みを施し、イメージカラーのビジューも目を惹くデザインである。
「シンドバッドイメージニットワンピース」は七海の覇王の異名を持つシンドバッドを表現した。ボリューミーなハイネックとケーブル編みが印象的。どちらも着回しの幅が広がるアイテムとなった。

earth music&ecology Japan Label×「マギ」
受注期間:10月13日(金)18:00~10月25日(水)23:59
発送予定時期:2018年1月下旬~2月上旬頃
販売場所:ECサイト「STRIPE CLUB」

(C)大高忍/小学館

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集