【アニメ十年一昔】10年前の“今期アニメ”は? 2007年夏スタートの作品を振り返り | アニメ!アニメ!

【アニメ十年一昔】10年前の“今期アニメ”は? 2007年夏スタートの作品を振り返り

連載・コラム そのほか

【アニメ十年一昔】10年前の“今期アニメ”は? 2007年夏スタートの作品を振り返り
【アニメ十年一昔】10年前の“今期アニメ”は? 2007年夏スタートの作品を振り返り 全 6 枚 拡大写真
「十年一昔(じゅうねんひとむかし)」という言葉もあるように、10年間は大きな変化を経た一区切りと見られることが多い。スタート直後のアニメ!アニメ!読者アンケートでは『NEW GAME!!』、『Fate/Apocrypha』、『賭ケグルイ』といった作品が支持を集めていた2017年の夏アニメだが、それでは10年前のこの時期にはどういったタイトルが放送されていたのだろうか。
2007年を通して振り返った前回記事に続き、今回は同年夏より放送されたTVアニメをピックアップしていく。


(C)はっとりみつる・講談社/ウミショー製作委員会

・『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』
同じくTVアニメ化を果たした『さんかれあ』などでも知られる、はっとりみつるの少年マンガを原作とする学園“競泳水着”コメディ。沖縄出身で人魚のように泳ぐ少女・蜷川あむろとカナヅチなのにマネージャーを務める主人公・沖浦要を中心に、破天荒なメンバー揃いの「海商」水泳部の活動が描かれていく。のちに『けいおん!』の平沢唯役でブレイクする豊崎愛生は、本作が初主演となった。


(C)Konami Digital Entertainment/スカイガールズ製作委員会

・『スカイガールズ』
『ストライクウィッチーズ』シリーズや『ガールズ&パンツァー』などで人気を博している、島田フミカネがキャラクターデザインを手掛けた初のTVアニメ。機械細胞群「ワーム」により危機に瀕した人類を救うべく戦う、飛行外骨格「ソニックダイバー」で空を駆ける少女“スカイガールズ”の姿を描いていく。オープニングテーマ「Virgin's high!」の爽やかな疾走感も魅力の作品だ。


(C)STACK・School Days製作委員会 2007

・『School Days』
Overflowより発売されたPCゲームを原作とする作品。毎日同じ時刻の電車で通学する少女・桂言葉に思いを寄せる伊藤誠は、「好きな人の写真を待ち受けにして3週間、誰にもバレなかったら恋が成就する」というおまじないを実行するが、それを同じクラスで隣の席の西園寺世界に見られてしまう。世界はおまじないを解いてしまったお詫びとして誠と言葉の仲を応援し始め、そこから愛憎の三角関係が展開していく。壮絶な結末はネットを中心に大きな話題を呼んだ。


(C)Ryohgo Narita・Ascii Media Works/Project Baccano!

・『BACCANO! -バッカーノ-』
原作は2002年の「第9回電撃ゲーム小説大賞」金賞に輝いた、成田良悟のデビュー作にあたるライトノベルシリーズ。1711年の大西洋上で錬金術師たちが悪魔から得た“不死の酒”をキーアイテムとして、1930年代のニューヨークの裏社会に生きる人々や、そのニューヨークを目指す人々を巻き込んだ「禁酒法」時代下の馬鹿騒ぎ(バッカーノ)が描かれていく。ガイ・リッチーの『スナッチ』を元にしたOPから始まる各エピソードはシャッフルされ、繰り返し楽しめるような構成が取られている。


(C)ぱすてるインク応援団/(C)Copyright BANDAI VISUAL CO., LTD. All Rights Reserved.

・『もえたん』
シリーズ累計発行部数40万部を超える、ベストセラー英語参考書を原作とするTVアニメ。憧れの幼馴染み“ナオくん”の受験勉強を助けるべく「パステルいんく」になった、虹原いんくの家庭教師ぶりや魔法少女としての活躍が描かれていく。番組を締めくくる「もえたんコーナー」では「アニメの第1話は作画も気合はいってていいよね!」といった内容を訳した英文が取り上げられ、また劇中にも英文が登場するなど遊び心にあふれていた。


(C)モノノ怪製作委員会

・『モノノ怪』
フジテレビ「ノイタミナ」枠の第8作にあたる作品。2006年1月より放送された『怪~ayakashi~』内のエピソード「化猫」の続編として制作され、モノノ怪を斬る退魔の剣を携えた行商人“薬売り”を主人公とする「座敷童子」「海坊主」「のっぺらぼう」「鵺」「化猫」の怪異譚が描かれた。「和」を軸にした画作りが特徴で、エピソードごとに工夫されたキャラクターのビジュアルも印象深い。


このほか次ページでは2007年夏クールに放送された作品をリストにしている。原作や主要キャストに関しても記載しているので、“今期アニメ”同士で比べても面白いかもしれない。
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/