書籍「エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ」 トークイベントと展示会を開催 | アニメ!アニメ!

書籍「エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ」 トークイベントと展示会を開催

スタジオジブリで27年間アニメーターを務めた舘野仁美さんの書籍『エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ』が、11月25日に中央公論新社より刊行される。それを記念し、トークイベント&サイン会と挿絵イラスト展示会の開催が決定した。

ニュース イベント
スタジオジブリで27年間アニメーターを務めた舘野仁美さんの書籍『エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ』が、11月25日に中央公論新社より刊行される。
それを記念し、トークイベント&サイン会と挿絵イラスト展示会の開催が決定した。会場は舘野さんがオーナーシェフを務めるササユリカフェとなる。

『エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ』はスタジオジブリのアニメーターを務めた舘野仁美さんの回顧録だ。ジブリの小冊子「熱風」での連載に加筆を加え、宮崎駿監督をはじめジブリスタッフたちとのエピソードが綴られている。
舘野さんは『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』まで、多くの作品で動画チェックなどを担当してきた。書籍化にあたり、鈴木敏夫プロデューサーによる序文「メイちゃんの誕生」を収録。ブックカバーや挿絵イラストは同じく元ジブリのアニメーター・大橋実さんが描き下ろした。これまで語られなかったジブリの秘密が明かされているファン注目の一冊である。

11月29日にはササユリカフェにてトークイベント&サイン会を開催する。舘野さんと大橋さんの二人で登壇し、書籍には書ききれなかった裏話などを披露する予定だ。同会場では11月26日から12月28日まで挿絵イラスト展示会も行われる。大橋さんの描き下ろしイラストや未採用の原稿などが展示される。
会場のササユリカフェは2014年12月東京・西荻窪にオープン。2015年8月にはアニメーター・吉田健一さんの初個展「EST!+」を開催したことでも話題となった。『エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ』は11月25日発売。価格は1512円(税込)となる。
[高橋克則]

[著者コメント]
『となりのトトロ』というスタジオジブリ作品について、とても心に残っている宮崎監督の言葉があります。
『トトロ』が好きすぎて、ビデオを何百回もご覧になった方や、お子様の子守り用に『トトロ』の映像をエンドレスで流しているとおっしゃる方のお話を聞くたびに、宮崎監督は「ありがとう」と答えながらも、少し複雑な表情を浮かべるのでした。
ビデオテープがすり減るほど観ていただけるのは、監督としてとても有難いことなのだと思います。
でも、後でポツリと「『トトロ』を観るのは年に1回、お誕生日にしてほしいんだ」とさみしそうにつぶやいていたのです。
年に1度のとっておきのプレゼントに『トトロ』を観てほしい。
そんなロマンティックなことを、宮崎監督は考えていらしたんですね。
宮崎監督はそんな素敵な方です。
このエピソードは本編には載せていませんが、『エンピツ戦記』は私がアニメーターとして27年間ジブリで体験してきたあれこれをつづった回想録です。
あまり表に出ない裏方のアニメーターたちの流した汗と涙をみなさまに知っていただけましたら幸いです。

『エンピツ戦記』の著者コメントとして 2015/11/2 舘野仁美

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]
 

特集