「アントマン」9月19日公開 マーベル・コミック発の新ヒーローは体長1.5センチ | アニメ!アニメ!

「アントマン」9月19日公開 マーベル・コミック発の新ヒーローは体長1.5センチ

マーベル・スタジオズの最新作『アントマン』が9月19日に公開が決まった。体長わずか1.5センチの異色ヒーロー・アントマンの登場だ。

ニュース 映画/ドラマ
(c)Marvel 2015
(c)Marvel 2015 全 1 枚 拡大写真
さまざまなヒーローを送り出してきたマーベル・スタジオズの最新作『アントマン』の日本公開が決定した。9月19日に全国ロードショーとなる。
主人公はマーベル・コミック発のヒーローだが、体長わずか1.5センチ。異色の存在だ。このたび、本作の世界観を窺う場面写真が発表された。気になるアントマンのスーツと、さらに主人公のスコット・ラングも登場している。

『アントマン』はこれまでのヒーローものの中でも、とりわけユニークな設定を持つ作品である。主人公はやる気も能力もあるのに仕事も人間関係も空回りばかりのスコット・ラング。彼は別れた妻と最愛の娘の養育費も払えない。
そこでオファーされた唯一の仕事として、体長わずか1.5センチになれる驚異のスーツを着用してアントマンになることを決意する。アントマン・スーツによってヒーローに変身したスコットは、そのパワーを駆使するためのトレーニングで大奮闘。思い描くかっこいいヒーローになるため、長く険しい道のりを歩むことになる。
「1.5センチの体長」「意表を突く特殊パワー」「ヒーローになるために努力が必要」などなど、一風変わった設定のニューヒーローがどのような活躍が見どころだ。

崖っぷち男のスコット役には『40歳の童貞男』や『ウォールフラワー』などコメディ映画を中心に幅広く活躍しているポール・ラッドが担当する。スコットを導く謎の男ハンク・ピム役には名優マイケル・ダグラス、ピムの娘ホープ役は『リアル・スティール』「ホビット」シリーズのエヴァンジェリン・リリーが演じる。
監督はジム・キャリー主演『イエスマン“YES”は人生のパスワード』のペイトン・リードを抜擢した。マーベル・スタジオならではのスケール感あふれるアクションにユーモアと哀愁に満ちた人間ドラマを融合させていく。
[高橋克則]

『アントマン』
9月19日ロードショー

[スタッフ]
監督: ペイトン・リード
製作: ケヴィン・ファイギ
出演: ポール・ラッド/マイケル・ダグラス/エヴァンジェリン・リリー
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
全米公開: 2015年7月17日

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集