「バットマン vs スーパーマン」約3分半の壮絶バトル コミコン特別映像を公開 | アニメ!アニメ!

「バットマン vs スーパーマン」約3分半の壮絶バトル コミコン特別映像を公開

動画 映画/ドラマ

「バットマン vs スーパーマン」約3分半の壮絶バトル コミコン特別映像を公開
「バットマン vs スーパーマン」約3分半の壮絶バトル コミコン特別映像を公開 全 3 枚 拡大写真
バットマンとスーパーマン、米国を代表する2大ヒーローが激突すると話題の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』から長さ約3分半にも及ぶ映像が披露された。映画公開までまだ8ヵ月あるなかでの異例のものである。
この映像は実は2015年7月11日にサンディエゴで開催されたコミコンで公開されたものである。米国の最高峰のエンタテインメントが集まるコミコンでも、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は最も注目された作品のひとつだ。そのハイライトとなったのが、コミコンのホールHで開催された本作のイベントだ。6500名の満員のファンの前で、初お披露目されたのが今回の特別映像である。

映像はショッキングな展開から始まる。その圧倒的な力から人類の脅威と見做されてしまったスーパーマン。そして場面が変わってバットマンことブルース・ウェイン、彼にもまた苦悩の様子が見てとれる。
やがて映像は二人が会いまみえるシーンに移って行く。迫力の映像に数々のドラマが織り込まれ、この特別映像がまるでひとつの作品であるかのようだ。
さらに見逃せないのが、早くも画面に姿を見せた新キャラクターの数々だ。ダイアナ・プリンス演じるワンダーウーマン、レックス・ルーサー、バットマンには欠かせないアルフレッドらである。さらにジョーカーらしき人物やゾット将軍の死体、さらに緑色の謎の鉱物は?
見逃せない数々の要素から一体どんなストーリーが語られるのか。2016年春まで待ちきれないほどの満載の内容である。



監督は『300』など、衝撃的な映像づくりで定評のあるザック・スナイダーが務める。映画化にあたってはフランク・ミラーの傑作コミック『バットマン:ダークナイト・リターンズ』へのオマージュも込めたという。さらに脚本のクリス・テリオと、バットマンとスーパーマンが対決する必然性を練り上げた。
そしてバットマンことブルース・ウェイン役をベン・アフレック、スーパーマンことクラーク・ケントをヘンリー・カビルが演じる。長年愛され続けるキャラクターを圧倒的なリアリティと伴に演じる二人の役者も、この映画の鍵になるだろう。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
2016年3月、全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画

《animeanime》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集