舞台「東京喰種トーキョーグール」 はエピソードを凝縮、濃密さを強調した作品 | アニメ!アニメ!

舞台「東京喰種トーキョーグール」 はエピソードを凝縮、濃密さを強調した作品

連載・コラム 高浩美のアニメ×ステージ/ミュージカル談義

舞台「東京喰種トーキョーグール」 はエピソードを凝縮、濃密さを強調した作品
舞台「東京喰種トーキョーグール」 はエピソードを凝縮、濃密さを強調した作品 全 5 枚 拡大写真
連載第129回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]

■ 強力なキャスト、スタッフで発表から大きな話題、チケット即日完売

累計発行部数1300万部突破の人気マンガ『東京喰種トーキョーグール』。石田スイのデビュー作、現代の東京を舞台に人の姿をしているが人肉を喰らって生きる”喰種(グール)”の物語である。14年7月にTVアニメ化され、2015年1月から3月は第2期として『東京喰種トー キョーグール√A』が放送された。

主人公の金木研は読書好きな平凡な大学生。小説をきっかけに好意を寄せていた少女・利世に話しかけられ、デートすることになったが、彼女は喰種だった。彼女に襲われ瀕死の重傷を負うが、その直後、利世は落下した鉄骨の下敷きになり、2人とも病院に搬送された。金木研は一命を取り留めたものの、嘉納という医師に彼女の臓器を移植される。手術後、今まで食べてきた食物が食べられなくなってしまう。そればかりか、人を見ると食欲をそそられるようになってしまう。半喰種になってしまった金木研。ここから人間として喰種としての苦悩が始まる……。
この作品は様々な問題を投げかけている。半喰種になったとたんに拠り所となる”世界”がなくなってしまうのだ。

金木研を演じるのはミュージカル『テニスの王子様』の2ndシーズンで越前リョーマ役で注目された小越勇輝が、この難役に挑む。霧島董香には田畑亜弥、子役時代から『レ・ミザラブル』ではリトルコゼット、『アニー』ではアニー役と主にミュージカルで活躍している。ミュージカル『薄桜鬼』の風間千景を演じた鈴木勝吾は西尾錦役を、宮崎秋人は永近英良役を演じる。
それ以外のキャストも実力派、先に公開されたキャラクタービジュアルはそのレベルの高さで話題になった。

演出は茅野イサム、舞台『パッチギ!』、劇団EXILE華組×風組『ろくでなしBLUES』『AKB49~恋愛禁止条例~』などストレートプレイからミュージカルまで幅広く手掛けている。また脚本はアニメに引き続き御笠ノ忠次が手掛ける。音楽は坂部 剛、『烈車戦隊トッキュージャー』のオープニングテーマ等の特撮やアニメ、ゲームの音楽等も手掛けている。話題作の舞台化、強力な布陣でチケットは即日完売、ファンの期待の高さが窺える。
そんな訳で京都公演千秋楽には映画館にて東京公演の千秋楽が鑑賞出来る、とのこと。チケットが買えなかったファンはここで観ることが可能である。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《高浩美》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集