連載・コラム ビジネス

100メートル走が早そうなキャラといえば?“マッハ20”の殺せんせーを抑えた1位は…

アニメ!アニメ!では、「100メートル走が早そうなキャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

10月は運動会シーズンです。

1964年の10月に東京オリンピックが開催されたこともあり、日本の秋は「スポーツの秋」として親しまれています。最近は春に運動会を行う学校も増えていますが、運動会=秋というイメージを持つ人も多いでしょう。

運動会の花形競技と言えば、何と言っても100メートル走です。全力でゴールに向かって駆ける姿はみんなの注目の的。アニメにも足が速いキャラはたくさんいますが、その中でも最も韋駄天なのは一体誰なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「100メートル走が早そうなキャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。9月27日から10月2日までのアンケート期間中に150人から回答を得ました。
男女比は男性約45パーセント、女性約55パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約55パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■トップは「ヒロアカ」飯田天哉 圧倒的な得票差で1位に


1位は『僕のヒーローアカデミア』の飯田天哉。支持率は約21パーセントでした。飯田天哉は「エンジン」という個性を持つヒーロー候補生。ふくらはぎに付いたエンジンによって超人的なスピードで走ることができます。
読者の間では「50メートル走で3秒04」を記録したことが話題に。「頭も良くて足も速いまさに才色兼備なキャラだと思ったから」と頭脳明晰な点を評価する声も聞かれました。

「僕のヒーローアカデミア」(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
2位は『暗殺教室』の殺せんせー。支持率は約3パーセントでした。椚ヶ丘中学校3年E組に突然赴任してきた謎の生物・殺せんせー。彼もかなりの実力者で、そのスピードはマッハ20を誇ります。ファンからは「100メートルだったら1秒もかからなさそう」と言ったコメントが寄せられました。

「暗殺教室」
3位は『サイボーグ009』の島村ジョー、『スクライド』のストレイト・クーガー、『ハイキュー!!』の日向翔陽が同票で並びました。
009こと島村ジョーは加速装置の特殊能力を持ちます。ストレイト・クーガーは速さに異様なこだわりを見せる人物で、日向翔陽は類い稀なるスピードと瞬発力を持つバレーボール選手です。三者三様のキャラが揃いました。

「CYBORG009」(C) 「CYBORG009」製作委員会
今回のアンケートでは多彩なスピード自慢が揃いました。上位には「週刊少年ジャンプ」連載作品の人気キャラクターが目立ちます。「50メートル走が3秒04」や「マッハ20」といった目を引く数字があると、ファンの印象に残りやすいようです。
殺せんせーやソニック・ザ・ヘッジホッグ、則巻アラレなど、人間以外のキャラがランクインしている点も特徴です。全員が揃ったらどんな100メートル走になるのでしょうか。実際に見てみたくなる結果でした

■ランキングトップ10


[100メートル走が早そうなキャラといえば?]

1位 飯田天哉 『僕のヒーローアカデミア』
2位 殺せんせー 『暗殺教室』
3位 島村ジョー(009) 『サイボーグ009』
3位 ストレイト・クーガー 『スクライド』
3位 日向翔陽 『ハイキュー!!』
6位 安室透(降谷零) 『名探偵コナン』
6位 クー・フーリン 『Fate/stay night』
6位 サイタマ 『ワンパンマン』
6位 ソニック・ザ・ヘッジホッグ 『ソニックX』
6位 孫悟空 『ドラゴンボール』

(回答期間:2018年9月27日~10月2日)

次ページ:ランキング20位まで公開

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《text:高橋克則》