アニメ化してほしいマンガは?完結作品編 2位クロスボーン・ガンダム、1位は… | アニメ!アニメ!

アニメ化してほしいマンガは?完結作品編 2位クロスボーン・ガンダム、1位は…

ニュース アニメ

アニメ化してほしいマンガは?完結作品編 2位クロスボーン・ガンダム、1位は…
アニメ化してほしいマンガは?完結作品編 2位クロスボーン・ガンダム、1位は… 全 2 枚 拡大写真
アニメ!アニメ!では、2月28日から3月7日までの期間、「アニメ化してほしいマンガ」アンケートを行った。まだアニメ化されていない作品を対象とし、まだ連載が続いている未完作品と、すでに完結している作品の2部門に分けて実施。選択肢は、Twitterで読者から頂いた意見を参考に、それぞれ20作品以上のマンガをラインナップ。今回は「完結作品」部門の結果を公開する。
1171名から回答を得て、男女比はほぼ半々。年齢層は10代が4割、20代が4割、30代が1割以上であった。

2016年結果
1位は『惑星のさみだれ』 「アニメ化してほしいマンガ」完結作品編
2015年結果
1位は「クロスボーン・ガンダム」“アニメ化してほしいマンガ作品は?”完結作品編

■ アニメ化してほしいマンガ、1位は「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」

どの作品も票数に差がなく接戦が繰り広げられるなか、1位を獲得したのは『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』。高校の競技ダンス部を舞台にした青春ストーリーで、「週刊少年ジャンプ」2017年11号にて完結を迎えた。男性票2位、女性票1位と、性別問わず支持を得た。

2位は富野由悠季原作、長谷川裕一作画の『機動戦士クロスボーン・ガンダム』。1994年に「月刊少年エース」で掲載され、現在も続編『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』が「月刊ガンダムエース」にて連載されている。2015年度のアンケートでは1位、2016年度も5位と、長らくファンからアニメ化が待ち望まれている作品だ。

3位は『からくりサーカス』。1997年から2006年にかけて藤田和日郎が「週刊少年サンデー」に連載していたアクションバトルマンガだ。昨年度のアンケートでは4位であった。同作者による『うしおととら』が連載終了から20年を経て2015年にアニメ化されたこともあり、本作へのアニメ化の期待度も高い。

結果を見ると、2016年度のアンケートでトップ10入りした作品が今回も多く、7作品がランクインした。そのなかでも、1位『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』をはじめとし「ジャンプ作品」が半分を占め、人気の高さを見せつけた。

[アニメ化してほしいマンガは?]完結作品

1位 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」横田卓馬
2位 「機動戦士クロスボーン・ガンダム」原作/富野由悠季 作画/長谷川裕一
3位 「からくりサーカス」藤田和日郎
4位 「ヤンデレ彼女」忍
5位 「PSYREN-サイレン-」岩代敏明
6 位 「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」西義之
7位 「となりの柏木さん」霜月絹鯊
8位 「孤独のグルメ」原作/久住昌之 作画/谷口ジロー
9位 「エム×ゼロ」叶恭弘
10位 「SOUL CATCHER(S)」神海英雄

(回答期間:2017年2月28日(火)~2017年3月7日(火))

《animeanime》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集