「SING/シング」内村光良と長澤まさみの本編シーンを公開 「コール・ミー・メイビー」を熱唱 | アニメ!アニメ!

「SING/シング」内村光良と長澤まさみの本編シーンを公開 「コール・ミー・メイビー」を熱唱

ニュース 映画/ドラマ

(C)Universal Studios.
(C)Universal Studios. 全 1 枚 拡大写真
3月17日公開の映画『SING/シング』の最新映像が発表された。主人公バスター・ムーンを演じる内村光良とパンクロック少女のアッシュを演じる長澤まさみの歌唱シーンとなっている。

コアラのバスターは歌のオーディションを開催し、アッシュは見事合格。だがカーリー・レイ・ジェプセンのヒット曲「コール・ミー・メイビー」に乗って歌って踊ることを提案されると「こんな歌、歌う気はないから」と拒否する。
そこでバスターが「君ならできるって!」と誘ってみせて、アッシュは嫌々ながらも歌とダンスを披露。その華麗さにバスターは「素晴らしいよ! 君は天才だ!」と大興奮を隠せない。アッシュがステージ上でどんなパフォーマンスを披露することになるのか、公開が待ち遠しくなる仕上がりである。

映像内では見事な歌声を披露している二人だが、内村はこのシーンのアフレコに苦労したことを明かす。「女子の歌ですよ…本当に難しかったです。全国で流れると思うと、とっても恥ずかしいですが、なんとか編集の技術で補っていただきました(笑)」と収録を振り返った。長澤はロックシンガーを演じるにあたって「普段の自分よりは男らしく言葉を発することを意識しました。あまりシャウトするような歌を普段歌わないので、挑戦だったのですが、思いっきり演じてなんとか形になったかなと思います」と役づくりのポイントを明かした。
さらに本作について内村は「原石が光り輝く時、夢にむかって立ち上がる姿に共感し、ひとつになっていく素晴らしさを体感できる、胸が熱くなる映画です」とコメント。長澤も「沢山の愛らしいキャラクターがとにかく一生懸命前に突き進んでいく姿を楽しんでもらえる作品になっていると思います」と太鼓判を押した。



『SING/シング』
2017年3月17日(金)全国ロードショー
(C)Universal Studios.

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集