「SING/シング」吹替キャストにMISIA 歌唱シーンを公開 | アニメ!アニメ!

「SING/シング」吹替キャストにMISIA 歌唱シーンを公開

ニュース 映画/ドラマ

「SING/シング」吹替キャストにMISIA 歌唱シーンを公開
「SING/シング」吹替キャストにMISIA 歌唱シーンを公開 全 3 枚 拡大写真
2017年3月17日に公開を迎える『SING/シング』が、吹替キャストとして女性歌手・MISIAの出演を新たに発表した。MISIAはゾウのミーナ役を担当しており、本作が声優初挑戦となる。

『SING/シング』は取り壊し寸前の劇場で開催されることになった一世一代のオーディションを描く、ミュージック・エンターテインメント作品だ。吹替キャストにはこれまでにコアラのバスター・ムーン役を務める内村光良ほか、ヤマアラシのアッシュ役の長澤まさみ、ゴリラのジョニー役のスキマスイッチ大橋卓弥、ブタのグンター役のトレンディエンジェル斎藤司、ヒツジのナナ・ヌードルマン役の大地真央といった豪華な面々が発表されていた。今回MISIAの担当が明かされたゾウのミーナは内気で極度のあがり症だが、パワフルな歌声を内に秘めたキャラクターとして登場する。

日本最高峰の歌唱力で名を馳せるMISIAだが、映画の吹替キャストは本作が初挑戦だ。出演について「自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました」と語る。様々なスタイルで歌うミーナ役は「大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした」といい、「今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃん達と同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせていただきました」と振り返った。

MISIAは本物の実力を持つ歌手でないと歌うことができない、ジェフ・バックリィの「ハレルヤ」やスティーヴィー・ワンダーの「Don't You Worry 'Bout A Thing」を全身全霊で見事に歌い上げており、劇中で最高の歌声を披露している。日本が誇るディーバの美声も、『SING/シング』の大きな見どころとなりそうだ。



『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー!
(C)Universal Studios.

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集