「ANIMAX MUSIX」総勢17組のアーティストが集結 「前前前世」を全員でカバー | アニメ!アニメ!

「ANIMAX MUSIX」総勢17組のアーティストが集結 「前前前世」を全員でカバー

ニュース イベント

(c)ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA
(c)ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA 全 6 枚 拡大写真
1月14日、アニメ専門チャンネル・アニマックスのライブイベント「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」が開催された。会場の大阪城ホールには、fripSide、ミルキィホームズ、i☆Ris、水瀬いのり、春奈るなが登壇。総勢17組のアーティストが歌声を披露した。

イベントでは様々なアニメの特集が組まれた。アニメ『ソードアート・オンライン』のコーナーでは、水瀬いのりがLiSAの「crossing field」、GARNiDELiAが戸松遥の「courage」をカバー。シークレットゲストとして登場した春奈るなは「Overfly」を歌い上げた。さらにKOTOKOと春奈るながタッグを組みKOTOKO×LUNAとして、ゲーム『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』の新曲「S×W -soul world- 」を初披露し、会場を熱く盛り上げていった。
『響け!ユーフォニアム』では、KOTOKOと茅原実里がオープニングテーマ「DREAM SOLISTER」をコラボレーション。『探偵オペラ ミルキィホームズ』からはミルキィホームズが登場。OPテーマ「正解はひとつ!じゃない!!」を歌い上げ、i☆Risと一緒に『ガールズ&パンツァー』のエンディングテーマ「Enter Enter MISSION!」も披露した。

また2016年11月の横浜公演に出演したGRANRODEOからの指名で、鈴村健一とOxTが「Can Do」を、横浜公演シークレットゲストの中川翔子に指名されたi☆Risとeverying!が「つよがり」をそれぞれカバー。3年連続で大阪公演のトリを務めているfripSideは『とある科学の超電磁砲』のOP曲「only my railgun」など4曲を披露し、ファンのボルテージは最高潮に達した。
エンディングでは出演のアーティスト全員で映画『君の名は。』の主題歌から「前前前世(movie ver.)」を熱唱して会場全体が一体に。6時間におよぶステージは大盛況のうちに幕を閉じた。イベントの模様は2017年4月にBSスカパー!でダイジェスト版、アニマックスで完全版がオンエアされる予定だ。

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集