劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」中国での公開が決定 4000館規模でロードショー | アニメ!アニメ!

劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」中国での公開が決定 4000館規模でロードショー

ニュース 映画/ドラマ

(C)2016 GOSHO AOYAMA / DETECTIVE CONAN COMMITTEE
(C)2016 GOSHO AOYAMA / DETECTIVE CONAN COMMITTEE 全 1 枚 拡大写真
『名探偵コナン』の劇場版長編アニメシリーズ第20弾である『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』が、2016年11月25日より中国にて公開されることが決定した。4000館規模でのロードショーとなる。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』は、国内では2016年4月16日より公開された作品だ。『コナン』のキーワードである“黒の組織”を掘り下げ、そこにFBIほかCIAや公安警察が関与していくというストーリーが話題を呼び、シリーズ最高となる63.1億円の興行収入を記録している。

劇場版『名探偵コナン』シリーズの中国における公開は4回目となり、2015年の第19弾『名探偵コナン 業火の向日葵』から2年連続となる。公開にあたっては、字幕版及び吹き替え版が制作されているという。
中国での同シリーズの展開は、日中両国において同年度内に最新作を公開するという、ユニークな取り組みが続けられている。このたびの『名探偵コナン 純黒の悪夢』も日本における大ヒット同様に、中国においても旋風を巻き起こすことが期待されている。

中国におけるアニメファンを指す「宅男」や「宅女」も、『コナン』最新作に夢中になるのだろうか。注目のロードショーとなりそうだ。

(C)2016 GOSHO AOYAMA / DETECTIVE CONAN COMMITTEE

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集