アクロディア、アプリゲーム「ジャイアントハンマー」中国でアニメ化・配信へ 上海凡事社とライセンス契約 | アニメ!アニメ!

アクロディア、アプリゲーム「ジャイアントハンマー」中国でアニメ化・配信へ 上海凡事社とライセンス契約

ニュース アニメ

(C)Acrodea, Inc.
(C)Acrodea, Inc. 全 1 枚 拡大写真
株式会社アクロディアが配信しているアプリ「ジャイアントハンマー~巨人クロニクル~」が、中国市場に向けてサービス提供することを発表した。さらに中国のアニメコンテンツの制作・配信会社、上海凡事网絡技術有限公司(以下、上海凡事社)とライセンス契約を締結。ゲームだけでなくアニメでも中国市場に向けアピールしていく。

アクロディアは、「なでサカ」などのサッカーアプリや「魔法陣少女 ノブナガサーガ」といった様々なアプリを配信する会社である。その中で、「ジャイアントハンマー~巨人クロニクル~」は2014年9月より国内で配信している人気アプリ。巨人を操り、巨大ハンマーを使って敵を粉砕するという内容のゲームだ。

今回、アクロディアは、中国のアニメ会社である上海凡事社とライセンス契約を締結した。「ジャイアントハンマー」を上海凡事社がアニメコンテンツとして製作し、ショートアニメシリーズとして配信する。上海凡事社は様々なアニメコンテンツを制作・配信しており、とりわけ2015年1月から中国でネット配信されたギャグアニメ「大力金剛」で知られる。同年6月に動画再生回数が2億回を突破。関連グッズも販売されるなど、中国で大ヒットを記録した。

『ジャイアントハンマー』のアニメは、この『大力金剛』を配信している全チャンネル2000万人以上の視聴者をターゲットにインターネット配信する。中国版にローカライズしたゲーム「ジャイアントハンマー」の配信に向け周知を図っていく。
(C)Acrodea, Inc.

《animeanime》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集