「映画ちびまる子ちゃん」予告編公開 気になるストーリーは国際交流? | アニメ!アニメ!

「映画ちびまる子ちゃん」予告編公開 気になるストーリーは国際交流?

ニュース 映画/ドラマ

(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社
(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社 全 1 枚 拡大写真
2015年12月23日に『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』が全国公開する。『ちびまる子ちゃん』といえば、マンガ家さくらももこが、少女マンガ誌「りぼん」に連載する人気作品だ。2015年9月までに累計発行部数は3200万部を超える。国民的な作品と言っていいだろう。
テレビアニメ化がスタートしたのが1990年、今年で放送開始25周年だ。映画こんなメモリアルイヤーを記念して制作された。『ちびまる子ちゃん』の劇場映画としては実に23年ぶり。大きな企画となっただけにその内容が気になる人も多いに違いない。

そんなファンに向けて、このほど待望の予告編が公開された。公式サイトで配信を開始したほか、全国の劇場でも上映されている。
予告は長さ90秒、映画の魅力がたっぷり詰め込まれている。ここでやはり気になるのは、映画のために登場する新キャタクターだ。今回の映画は世界5ヵ国の子どもたちがホームステイのために日本にやってきたというものだ。
まる子の家にも、イタリア人のアンドレアが来る。予告編には、そうした様子が描かれている。そしてアンドレアの「ボクは、マルコが、スキです」「まる子をもっと知りたいです」という気になる言葉も。


さらにストーリーはアンドレアが日本来た理由、そしてやがて来る別れも描かれる。テレビとはまた違ったダイナミックな作品になりそうだ。
映画化にあたっては、原作者のさくらももこ自ら脚本を担当した。本作の挿入歌となる大原櫻子「キミを忘れないよ」のメロディー、ウルフルズが歌うエンディングテーマ「おーい!!」も聴くことができる。劇場を訪れる前に予告編を観て、まず心の準備をしたい。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』
12月23日(水・祝)公開
(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社

《animeanime》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集