第37回日本アカデミー賞が特別上映会 「ハーロック」や「まどか☆マギカ」もラインナップ | アニメ!アニメ!

第37回日本アカデミー賞が特別上映会 「ハーロック」や「まどか☆マギカ」もラインナップ

ニュース イベント

(c)日本アカデミー賞協会
(c)日本アカデミー賞協会 全 1 枚 拡大写真
第37回日本アカデミー賞は3月7日の授賞式を前に、今回の優秀作品賞に輝いた数々をまとめて鑑賞する上映企画が立てられた。2月15日から2月21日まで、東京・品川プリンスシネマにて優秀賞受賞作品特別上映会を開催する。
作品の顕彰だけでなく、作品をより広く知ってもらうという狙いから実施する。日本アカデミー賞は、日本の映画芸術、技術、科学の向上発展を目指し、毎年、過去一年間の優秀映画を顕彰する。

1月16日に発表された優秀アニメーション作品賞には、『かぐや姫の物語』、『風立ちぬ』、『キャプテンハーロック』、『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語』、『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』の5作品が選ばれている。

このなかから今回の上映会では、『キャプテンハーロック』と『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』が上映される。
『キャプテンハーロック』は松本零士さんの往年の名作マンガを荒牧伸志監督がフルCGアニメ化した作品である。『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』はテレビシリーズに続く完全新作として現在もロングラン中の作品である。2013年の話題作を振り返るチャンスだ。

このほか実写映画から『凶悪』、『少年H』、『そして父になる』、『東京家族』、『利休にたずねよ』、『清州会議』、『許されざる者』、『さよなら渓谷』、『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が上映される。いずれの上映会も、当日料金1000円にて鑑賞が可能になっている。
3月7日の受賞式では、各賞の受賞作品から最優秀賞が決定する。優秀アニメーション作品賞からどの作品が最優秀賞になるのかも気になるところだろう。
[真狩祐志]

日本アカデミー賞
/http://www.japan-academy-prize.jp/

《animeanime》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集